診療案内

神戸セントラル動物病院の外科手術に対する考え

様々な方法が考えられる治療・処置のなかで、ひとつの方法として外科手術があります。
その子にとって外科手術を選択するメリットが多いと判断される場合に手術はおこなわれます。
わんちゃん・ねこちゃんを家族として持つ者にとって、手術は痛くないだろうか、麻酔は大丈夫だろうか、
まず心配になるのは当然のことと思います。
当院ではそのような心配、不安に対して以下のような対策をとっております。

  1. 痛みの不安に対して

    当院では外科手術の疼痛緩和のため、数種類の痛み止めを組み合わせてペインコントロールを実施しております。

  2. 麻酔の不安に対して

    最大限の注意を払うために、麻酔をかける事が可能かを身体検査を含めた術前検査を慎重に実施します。麻酔をかけるにあたっては、麻酔担当の獣医師と最新の生体監視モニターのダブルチェックで安全性を高めています。

  3. やさしい手術を目指して

    異物を残さず出血の少ない手術

    手術の際に体からの出血や侵襲を減らすために、人の医療にも使われているオリンパス製超音波手術システムソノサージを導入いたしました。縫合糸を使わずに血管・組織の処理は超音波振動による摩擦熱により凝固させます。
    その結果、異物(縫合糸)を体内に残さない、出血の量を減らす、手術時間の大幅な短縮など手術をうける側にとってメリットが多くなりました。

    体への負担がグンと軽くなります

    このシステムを去勢・避妊手術から腫瘍外科までに応用することで低侵襲手術を目指しております。ミニチュアダックスなど縫合糸に対して炎症を起こしやすい体質による縫合糸反応性肉芽種が報告されています。縫合糸をまったく使わない手術は不可能ですが、従来の体の中に糸を残す方法と比較するとまったく新しい優れた手術方法と考えられます。
    ご質問などがございましたらお問い合わせください。