会陰ヘルニアと海外での検疫

少し前にうれしいメールが届きました。

患者さんが海外の自国へ無事帰国されたと連絡いただきました。

ただここに至る道はとても困難でした。

・このわんちゃんは会陰ヘルニア(過去手術しているが再発)で自力排便ができない。朝昼晩に浣腸液を入れて散歩中に排便介助する生活をしている。

・帰国1週間前に相談を受ける。

・帰国される国のルールで、1ヶ月間の検疫係留が必要。自立した生活ができないと検疫すら受けられない。

・友達や知り合いに里親になって貰えないかと声掛けされたが、高齢で要介護な10kgを超える犬の引き取り手は出てこない。

・1週間で会陰ヘルニアの手術を行い帰国させることは出来ない。

・残りの1週間で愛護団体にも断られた。

・飼い主さんは悲観して安楽死を希望されている。

タイムリミットも迫り選択肢がありません。状況は最悪です。ただ、私はやりたくない事はやらない主義なので安楽死はこのケースでは行いません。

里親探しも時間切れで、重苦しい雰囲気が診察室を覆います。

私からの提案で、これからこの子を私の子にする。そして会陰ヘルニアのオペをする。そして日本に迎えに来てくれたらこの子をお返しをする。

もしかしたら迎えに来てくれないかもという思いも少しありましたが、後悔のない1番良い方法に思えました。

そしてこの子を譲り受けてすぐにポリプロピレンメッシュによる両側会陰ヘルニア整復手術を終え、自力で排尿排便が行え1ヶ月間の検疫係留にも耐えられる健康状態です。

そして約半年後、日本に迎えに来てくれました。

飼主さんもわんちゃんもとても喜んでくれました。

忙しい日々の仕事と並行しこのような事が重なると消耗します。知り合いの先生にもなかなかそれはできないねと言われると喜ばしく思いました。一方、事情も知らずに言いたい事だけ言う人やメリットが無いなど言う人もいました。

言うのは簡単、だけど行動する事が難しいのです。

何が出来るかは人によって違いますが、スキル、時間やお金をボランティア活動にかけられている方には頭が下がります。画像は頂いた写真です。元気でいますね。

ブログ, 外科

若齢小型犬の橈尺骨骨折

小型犬種前腕の骨折が続いています。

多くの原因が抱っこしていて落としてしまった、です。

あと天井の付いていないケージやサークルに入れていて、上から抜け出そうとしての骨折も多いと感じます。安全な環境を作ってあげて欲しいです。

成長期の動物の骨折は、骨折整復の原理原則をまもったオペが出来るとものすごい勢いで治癒していきます。成犬成猫ではこう上手くはいきません。

近い将来、成長期並みの組織再生能力を大人の動物に持たせるような再生医療が実現するでしょうか。臨床獣医としてはワクワクしながら待っています。

整形外科

予防的歯科治療

当院では予防的歯科治療にも力をいれています。

ご紹介で遠方から来院される方も増えており謙虚に頑張らないとと診療にあたっております。

歯の健康を守るためには、やはり歯磨きです。

歯磨きを頑張っていただいていても付いてしまうのが歯石です。

ついてしまった歯石を甘く考えずに、適切な方法で処置をすれば歯周病は防げます。

歯周病が進行すると歯を失うことになります。

無麻酔で歯石を取っても歯周病は治りません。

悪くなる前の予防的な歯科治療が大事かと思います。

この機械を導入して歯科治療がより効率よく行えています。

歯科

腫瘍外科と電気メス

当院では腫瘍外科も多く行っております。

家族の方がスキンシップで発見していただくケースや診察中に見つかる事も多くあります。

腫瘍のタイプによりますが、外科手術は第一選択肢になる事が多いです。

その際にとても大きな力になってくれるのが、一般的な呼び名で電気メスなど医療器械です。

この機械を導入して一年以上経ちましたが、とても良い機械です。

皮膚の切開、止血、剥離と調整能力が高いので出血量もさらに少なく、術野を展開できます。

手術が綺麗に終えられることを理想としています。

それが実行できたときは、術後の動物の状態は良いです。

今後も動物の負担軽減につながる設備投資は考えています。

 

 

外科, 腫瘍

仔猫の里親さん募集中

仔猫のミルクボランティア活動をしています。

ただいま2頭の生後8-9週の女の子がいます。

まだ、里親さんが決まりません。

すごくかわいいです。譲渡条件はあります。

詳しくは受付まで、ぜひよろしくお願いします。

※無事に2頭とも里親さんが見つかりました。

ありがとうございました。

今後もミルクボランティアの依頼があった場合は、里親さん募集いたしますのでどうぞよろしくお願いします。

未分類

会陰ヘルニア

1年前に会陰ヘルニアと診断させていただいたワンちゃんが食欲元気が全くなく、尿も便も出ないとのことでぐったりして来院されました。

診察するとヘルニア部位に膀胱、前立腺と結腸が入り込み、尿道がねじれて尿道閉塞をおこし、急性腎障害も併発していました。

一般状態もかなり悪かったですが、救命するためには臓器の位置を適切に戻す必要があり、相談の結果手術を行いました。

手術内容は腹腔内陰睾摘出(両側腫瘍化)、結腸固定、精管固定(両側)、内閉鎖筋転移術(両側)、浅殿筋転移術(両側)と多岐にわたりました。術後は排尿機能に問題が生じているため今現在はケアを必要としますが、自立した食事と排便が行えるまでに回復しています。本日抜糸に来ていただきましたが、とても元気で安心しました。

会陰ヘルニアは文献によると性差関係なく発症するようですが、個人的には犬の未去勢雄での経験しかありません。繁殖を考えられていない場合、会陰ヘルニア予防に若い年齢での去勢手術は有効です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

外科

二次口蓋裂

二次口蓋裂の子犬さんが来院されました。

口腔と鼻腔が直接連絡したままになっており、食事などが鼻腔に流れこんでくしゃみ、咳、鼻汁がでて、誤嚥性肺炎を起こす可能性が高いです。

成長を待っている間に誤嚥性肺炎を起こしてしまうかもしれませんので、早めの手術が望ましいです。

今回はダブルフラップ法で手術を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

外科, 歯科

アレルギー検査

暖かくなってきたこともあり、アレルギー性皮膚炎のワンちゃんではかゆみが増してくるつらい季節となりました。

アトピーや食物アレルギーの診断は、適切に除外診断を繰り返して行わなければなりません。

簡単な診断方法もありませんし、簡単に原因を特定できる方法もありません。

15年前と比べれば色々なことが出来るようになり、かゆみを抑える方法も増えてきました。

それでも1頭1頭に丁寧な診断や対処が必要なのは変わりません。

最近、ネットなどで受けられる被毛ミネラル検査(唾液や被毛でアレルギーの原因が特定できるという検査)について飼い主さんから質問をうけました。

私自身知らなかった検査ですが、米国で犬猫皮膚科専門クリニックを開院されている専門医によると信憑性に欠け、検証もされていなく、お勧めされないということでした。

ご留意ください。

 

皮膚科

膝蓋骨脱臼とレッグペルテス症

成長期の小型犬で起こりやすい膝蓋骨(パテラ)脱臼とレッグペルテス症(大腿骨頭壊死症)という病気があります。

この子は右後肢を着かないということで来院され、レッグペルテス症と診断しました。

手術法の相談や予定などを調整し1か月後の手術日に来院されましたら、今度は左後肢の膝蓋骨脱臼が進行し足を上げていました。

左後肢の膝蓋骨脱臼のほうが症状がひどく排尿排便の姿勢が痛そうとのことで、先に左ひざの手術、そして1か月後の今日に右股関節の手術をがんばってくれました。術後晩のご飯もモリモリ食べてくれています。あとはリハビリを頑張りましょう。

整形外科

歯周病による下顎骨骨折

小型犬では歯周病が重度に進行し下顎骨が薄くなった結果、簡単な衝撃で骨折してしまうことがあります。

今回のワンちゃんは重度な歯周病でしたが、何かの拍子に骨折してしまったようです。強い痛みで食事がとれませんでした。

過去には無麻酔で歯石とり行為をしたトリミングショップで下顎骨骨折を起こした可能性のある小型のわんちゃんを診察したことがあります。※無麻酔歯石取りには反対しております。

適切な歯磨きや歯周ポケットの歯石除去をおこなうことが、歯周病を防ぐために一番大事なことです。

整形外科, 歯科